結婚式のオープニングムービーを自作する方法

結婚式のオープニングムービーを自作する方法は撮影機材を始める所からスタートします。動画を撮影する事になるので、スマートフォンなどでも撮影する事は可能ですが、綺麗な画質で撮りたいのなら機材にはある程度のお金をかける様にして下さい。但し、高額な商品でなくても問題はありません。ある程度のスペックを満たしていれば、結婚式のオープニングムービーは撮影する事が可能です。
撮影する際の注意点ですが、新郎や新婦の為の結婚式のオープニングムービーになるので、フォーカスをあてる場面に気をつける必要があります。余興として他の参加者にフォーカスをあてる事もありますが、思い出の動画にもなるので、出来るだけ新郎と新婦にフォーカスをあてた結婚式のオープニングムービーを撮影する様にしましょう。
次に大切になるのが、結婚式のオープニングムービーを盛り上げる為の手段です。そのままの動画でももちろん良いのですが、自作をする醍醐味としては、色々は音声を入れてみたり、大きなテロップを挿入してみるなど自作だからこそできる方法が沢山あります。プロのカメラマンでは思いつかない様な奇抜な内容の結婚式のオープニングムービーを撮影する事も出来ますし、撮影をした後の編集にも拘るようにすると良いでしょう。
他にも自作する上で気をつけたいのが、明るさの調整とピントがずれない様にする事です。初めて撮影をする場合には手ぶれが起きてしまう事も多いので、手ぶれ補正がある物を利用するか撮影する為の練習を何度かリハーサルとして行って下さい。本番で撮影する時に緊張してしまい、撮影が上手くいかない事もあるので、何度も練習をして慣れておく事が大切です。特になれていない場合はカメラが下に向いてしまう事もあり、新郎や新婦の笑顔を撮影する事ができません。
しっかりと撮影する為にも固定の三脚などを利用するのも良いでしょう。その分費用がかかってしまいますが、手ぶれが起きてしまうよりは確実性を選ぶ方が無難です。
自作の動画をとる事が出来たら次は編集で時間を調整する必要があります。特に慣れていない方は時間を気にせずに撮影しているので、自分が見た時に想像以上に長く感じてしまう場合があるので、注意が必要です。
余計な部分を取り除いて、編集することで誰が見てもわかりやすい物を作る事が可能になります。思い出の品としても長過ぎる物より、適度な時間で見る事の出来るものの方が喜ばれますので、何度も見直しを行い、3分前後を目安にすると良いでしょう。
最後に自作をした物は保存形式にも拘るようにして下さい。今のデジタルデータは保存形式によって画質が異なるので、より良いもの選んで下さい。またメディアにデータを移す時にも失敗する可能性を考慮して、移した後にきちんと保存されているか確認する様にしましょう。メディアは新郎と新婦以外の参列者も欲しいと考えている方も多いので、事前に欲しい方をピックアップしておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。